占い師になるには?相談するコツは?【占いのことすべて】

占い師になりたい人と占って欲しい人へ【占いのことすべて】

【占いのことすべて】へお越しいただきありがとうございます!

このブログは、こういう人向けの内容です。

  • 占い師になりたい人
  • 占い師に相談したい人

私、サマーディ水月は、元々占いが大好きで、そこから独学で占いを勉強し占い師になり、今はコンサルタントもしております。

今も鑑定はしますが、占い師さんに相談することもあります。

そんな私の立場から、占い師になりたい人にも占い師に相談したい人にも役立つブログを書きたいと思い、日々執筆しております。

少しでもお役に立てましたら幸いです。



占い師になるには?最短で占い師になる方法

占い師になりたい!

そう思った時、まずは見ていただきたいのが、このページです。

現役占い師であり、コンサルタントである私が「占い師になる方法」をお伝えします。

ぜひ、何度も読んで、頭に入れておいて下さい。

占い師になるには「私は占い師です」と名乗れば、その瞬間から、あなたは占い師です。

それで目標達成?違いますよね?

お金をいただいて占いをさせていただく。

それで目標達成?それも違いますよね?

占い師をお仕事して続けていくことが目標ですよね。

まずは、このブログの全体像からお伝えしていきます。

このブログでは大きく6つのテーマに分かれます。

  • 占い師になる方法(知識編)
  • 占いの種類から選びましょう
  • 占う手段から選びましょう
  • 占いサイトを知りましょう
  • 占い師になる方法(実践編)
  • 占い師になれたら(なった後)

趣味としてではなく、仕事として占い師になる方法をまとめました。

占い師になるには在宅でOK



なぜ占い師になりたいのか?

占い師になりたいと思った理由。

人それぞれだと思います。

占い師として役に立ちたい
過去に占い師からのアドバイスで上手くいった経験がある。今度は自分が占い師になって、誰かの役に立ちたい。
占い師として副業したい
育児休暇中で自宅にいる時間が長い。その時間を活かして何か副業をしたいと思った時に、占い師は稼げると聞いた。
占い師という仕事は将来性がありそう
占いというジャンルは将来性がありそうだから、本業として仕事にしたい。
占い師なら在宅で働ける
会社で働くのがしんどいので、在宅で働ける仕事として占い師になりたいと思った。
占い師なら電話やオンラインでやりとり出来る
人と直接会うのが苦手なので、電話やオンラインで成り立つ仕事として占い師になりたいと思った。

色んな占い師さんと話をしてみると、きっかけは人それぞれです。

実際に占い師になってみると、だんだんと目的や目標が変わってきたりもしますので、最初のきっかけは何でもいいと思います。

ただ、これは最初に言っておきますが、占い師になるのは(占い師として稼ぐのは)簡単ではありません。

まして、稼ぎ続けるとなると、もっと大変です。

インターネットの環境が整い、自分で稼ぐきっかけが増えたのは事実ですが、それはある程度誰もが受けれる恩恵です。

一昔前のインターネットがなかった頃、在宅ワークでの仕事は限られていました。

今は、どんなことでも仕事になります。

占い師になるのも一つです。

このブログでは、「占い師になる方法」をお伝えしていますが、もし、占い師になりたい理由が「在宅でお金を稼ぎたい」というのであれば、他の在宅ワークで稼ぐ方法という選択肢もあると思います。

一応は、占い師になる方法としていますが、このブログを全部読んでいただくと、「在宅で稼ぐための考え方」も学べると思いますので、ぜひ、全部のページを読んでみて下さい。

ブログ全体像からお話します。

占い師になるには知ることから

占い師になる方法(知識編)

占い師になるには(VOL1:知識編)│占い師になりたいなら知っておくこと

占い師になるには、まず知っておいていただきたいことがあります。

例えばこういうことです。

  • 占い師になるには?独学でもなれる?
  • 「占い師で独立」と「占いサイトや占い館に登録する占い師」メリットとデメリット
  • 稼げる占い師になる方法は稼ぐ力をつけること
  • 占い師になる費用は?独学か学校か通信講座で料金は変わる
  • 占い師になるには弟子入り必要?
  • 占い師になるには心理学はいる?
  • 占い師に向いてる人と向いていない人
  • 占い師になるには素質は必要?
  • 占い師が集客するための方法
  • 占い師に国家資格ある?資格取得は必要?

占い師になるための心構えのようなものです。

まずは、この知識を頭に入れた状態で、次の占術編に進んでいただけたらと思います。

占術(占い方法)を選びましょう

占い師になるには(VOL2:占術編)│占いの方法を選びましょう

直接会って鑑定するのではなく、オンライン、電話で占うスタイルを前提に解説します。

占術とは、簡単に言うと占いの方法です。

占術は大きくわけると3タイプあり、命術、卜術、相術です。

命術
生年月日や出生時刻、出身地など、普遍の情報を元に、運勢やバイオリズムを鑑定します。例)四柱推命・数秘術・西洋占星術・九星気学・紫微斗数・インド占星術
卜術
偶然の中から事態を鑑定します。例)タロット占い・易・オラクルカード・ルノルマンカード・ルーン占い
相術
対象の形から運勢を占います。例)手相・顔相・風水・姓名判断

これから占いの勉強を始めるのであれば、まずは、命術から1つ、卜術から1つ選ぶことをおすすめします。

相術はオンラインでは難しいので、オンラインで鑑定をするのであれば、とりあえずは避けておきましょう。

命術と卜術から1つずつ選ぶ理由は、命術で生まれもった気質や運勢を鑑定し、さらに卜術で近い将来のアドバイスも出来ます。

この2つを組み合わせることによって、より深い占いが出来るんです。

もし、すでに「この占術で鑑定する」というのが決まっているならそれでいきましょう。

もし、まだ決まっていないなら、私は「タロット占い×数秘術」をおすすめします。

その理由はブログの中で解説しいきます。

占う手段を選びましょう

占い師になるには(VOL3:手段編)│対面・電話・メール・チャット・オンラインでの選び方

手段を大きく分けるとこの5種類があります。

  • 対面占い
  • 電話占い
  • メール占い
  • チャット占い
  • オンライン占い

鑑定結果をどういう手段で伝えるか?

それぞれにメリットとデメリットがあります。

一つだけの手段を使うわけではなく「電話占いもするしメール占いもする」といった具合に、複数のメニューを用意している占い師が多いですね。

独立した占い師になるなら、鑑定メニューがとてもとても大切になりますが、その鑑定メニュー作りの時に、必ず考えないといけないのが、この「手段」です。

占いサイトを知りましょう

占い師になるには(VOL4:占いサイト編)│占いサイトを知りましょう

占い師になるには、独立占い師と属する占い師になる方法があります。

そこで大事なのが、「占いサイト」を知ることなんです。

どんな占いサイトがあるのかを知らずに、占い師になるなんて不可能です。

もし、独立した占い師になりたいのであれば、占いサイトはライバルになります。

もし、属する占い師になりたいのであれば、占いサイトは採用してもらえるかもしれない大切な会社となります。

個人占いサイト、大手の占いサイト、どちらも知り尽くしましょう。

例えば、電話占いサイト5選│ランキングのページでは、8種類の点で電話占いサイトを比較しています。

初回特典・通話料・鑑定料金・占い師の在籍数・占いの種類・支払い方法・運営歴・プライバシーマークの取得の8種類です。

これから、あなたが独立占い師になるには、こういう点でライバルと比較されることになります。

これから、あなたが属する占い師になるのであれば、こういう点で、占いサイトを比較して、どこに応募をするか決めることになるでしょう。

つまり、占いサイトを分析する、実際に申し込んで鑑定してもらう、といったことは、占い師になるには必須だと思います。

占い師になる方法(実践編)

占い師になるには(VOL5:実践編)│占い師になりたいなら行動あるのみ

知識編の次は実践編です。

  • どういう占い師になるか?まず決める
  • 占いの種類を決める(卜術と命術)
  • 占い師としての見せ方を決める
  • 占い師としての発信方法を決める
  • 占い師としての鑑定メニューを決める
  • 占いを受け付ける場所を決める

占い師になるには、最初に「どういう占い師になるか?」を決めておく必要があります。

そこを決めないと、何から取り組むべきかが決まらないからです。

占い師になれたら(なった後)

占い師になるには(VOL6:なれた後編)│占い師としての働き方

ここで言う「占い師になれた」という状況は、有料の鑑定の申込みをいただけて、実際に占ってお金をいただけた時を指します。

目指すところは、まずはここでしょう。

独立占い師であれ、属する占い師であれ、初めて有料で鑑定をする時は、とても緊張すると思います。

無料鑑定で何度も何度も経験を積んでも、やはり有料での鑑定となると、緊張感が違ったことを覚えています。

さて、「自称占い師」から「お金をいただける占い師」になれたとしましょう。

これから占い師になりたい、という方に向けては早すぎるかもしれませんが、こういうことも考えておくと、これからが楽しみになると思うことを書いておきます。

  • 人の悩みをじっくり聞ける「カウンセラー」になりたい
  • 占い師になりたい人をサポートできる「占い師養成講座の講師」になりたい
  • 占い師としてYoutubeデビューしたい
  • 占いサイト(占い館)を自分で立ち上げたい
  • 占いの本を世に出したい

どれも不可能ではありません。

占い師になるのは簡単ではありません。1円でもお金をいただいて鑑定させていだけるのは、実はとても大変なことなんです。

「お金をいただける占い師」になれたら、その時点で、精一杯自分を褒めてあげましょう。

自信を持ってください。

そして、次の夢を見続けましょう。

占い師になるには「知って欲しいこと」がある

ブログや動画や本などで、「占い師になるには」と題して多くの人が発信しています。

私はその中の一人に過ぎません。

皆さん、それぞれ自分の経験などを元に、「どうすれば占い師になれるのか」を解説されています。

それぞれが、何らかの理由があて、発信をされていることと思います。

  • もっと占い師になる人が増えてほしい
  • 本当に占い師になる方法を伝えたい
  • 自分の占い師養成講座に申し込んでほしい

私の場合は、ある程度は自己満足に近いかもしれません。

私はコンサルですので、占い師になりたい方に向けてコンサルをすることもあります。

もしかしたら、このブログを通じて、コンサルを申し込んでくれる人もいるかもしれませんが、正直そこまで期待もしていません。

ありがたいことに、他の案件でお申し込みをいただけているので、それを期待したり目的として、このブログを書いているわけではありません。

それよりも、「自分ならこういうアプローチをする」ということを言いたいだけでの、ある意味自己満足かもしれません。

知って欲しいことがある、というニュアンスだと思います。

占い師になるにはとんでもない努力が必要

占い師になりたい人以外にも、起業したいという方向けにコンサルをしていると思うことがあります。

起業をとんでもなく大変なんです。

さらに、起業して、稼ぎ続けるなんてのは、さらにさらに大変なことなんです。

では、なぜ「簡単に占い師になれる!」とか「簡単に起業!」とか「副業でも稼げる!」みたいに、簡単さをアピールする文章、動画が多いのでしょうか?

これは憶測です。

私はいつもこう言います。

起業は簡単ではない、占い師になるのも簡単ではない。

他の人はこう言うことを言います。

起業も簡単に出来るし、誰でも占い師になれますよ。

この2人の言葉。

どちらの言葉のほうが嬉しいですか?

恐らく後者でしょう。

「占い師になるのは簡単じゃない」と、私のような人言われても、きっと嬉しくはないと思います。

きっと、「占い師になるのは簡単」という人の話しのほうを聞きたいと思います。どうでしょうか?

もし、私がそう思っていたらそう書くのですが、私はそうは思っていません。

だから嘘は書きたくないんです。

このブログの中でも、占い師になるにはやらないといけないことが多いと書いています。

簡単にはなれないとも書いています。

ですので、コンサルして欲しいという人は少ないと思います。

それでもいいんです。

ただ、もし、他のコンサルを受けたり、占い師養成講座やセミナーを受けたり、占い師学校に通っても、「占い師になれそうもないな」と思う人がいたら、ぜひこのブログを全部読んでみて下さい。

きっと、何かヒントが見つかると思います。

そして、もし私のコンサルを受けてみたいと思われましたらお申し込み下さい。

現在はお申し込みを停止しています。再開しましたら、こちらでご案内します。

占い師になるにはQ&A

占い師になるには独学でもなれる?

なれます。ただ、学校や講座を受けたり、弟子入りしたりするよりも時間がかかる可能性は高いです。占い師の勉強で挫折しがちなのは、人によって言ってることが違うことがあるからです。例えば、タロット占いにしても、カードごとの読み方は人によって違ったりします。その時に、「誰の言うことを信じたらいいの?」という不安、疑問が生まれたりします。そこで勉強をやめてしまう人もいます。もし、独学で学ぶのであれば、占術については1冊の本から学ぶことをおすすめします。後は、具体的にどうやって進めていけばいいかはこのブログに書いていますので、参考にしていただけたらと思います。

占い師は在宅でもなれる?

なれます。私は原則、在宅で占いをしています。対面でカフェですることもありますが、基本は在宅です。ただ、メリットとデメリットがあります。在宅限定と考えずに、柔軟に考えたほうがいいと思います。在宅ワークで精神的にしんどくなってしまう人もいます。やはり家にずっといると、体も動かさない、人と話さない、そんな環境が心の健康に負担になることもあります。

占いはSNS(twitterやinstagram)で募集しても大丈夫?

大丈夫です。ただ、無料鑑定ならいいのですが、有料鑑定であれば「特定商取引法に基づく表記」をどこかに記載する必要があります。有料の占いの場合は、名前、住所、電話番号などの記載が必要です。SNSの鑑定料金を表記し、占いの受け付けをしているのに、「特定商取引法に基づく表記」をどこにも表記していなのであれば、それは違法です。「特定商取引法の表示義務違反」となります。実際は、それを知らない占い師も少なくないと思いますし、知っていても自宅の住所を公表したくないという理由で、名前と電話番号は記載するけど、住所は表記しない、という人もいるようです。法律のことですから、知らなかったで済ますのではなく、勉強しておきましょう。詳しくはブログの中でも書く予定です。

占い師になるには霊感は必要?

結論から言うと、「必要ではありません」。霊感がなくても、占い師として活躍されている人はいくらでもいます。ところが、占い師になりたいと思った時に「霊感は必要でしょうか?」という疑問を持つ人が多いんです。恐らくですが、電話占いサイトの影響があると思います。電話占いサイトをみていくと、それぞれの占い師のプロフィールには「霊感」という文字がよく並んでいます。タロットではなく「霊感タロット」と書かれていたりもします。霊感タロットは通常のタロットと同じように、タロットカードを使って占いますが、霊感がメインでサブがカードという位置づけです。的中率が違うという話もありますが、実際は、霊感がないタロット占い師でも当たると評判の先生はいます。霊感がなくても占い師にはなれますので、もし自分に霊感がなくても落ち込むことはありません。

占い師が集客するには何から始める?

占い師にマーケティングやブランディングは無縁と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。宣伝方法によって売れる売れないに違いは出てきます。インスタやTwitterからのSNS集客、ココナラに出品してからの集客など、様々な方法がありますが、まずは基本として、自分はどんな占い師なのか、どんな人の悩みをどうしてあげることができるのかなど、自分について考えることが大切です。自分を知り、相談者を知ることで、どういう発信をすればいいか、どういう集客方法をとればいいかが決まってきます。一番避けたいのは、とりあえずで発信するために、毎日日記のようにSNSでつぶやいたり、とりあえずでブログを更新したりすることです。集客は何から始めるのがいいかというと、まずは自分のブランディングからです。方法論はその後です。

占い師になるには服装は何にする?

占い師というと、どういう服装をイメージしますか?

黒いマントをかぶってそう?魔術師みたいな怪しい雰囲気?顔が見えないほどのマスクをしてそう?ベールに帽子?

もしかしたら、昔の占い師はある程度似通った服装をしていたかもしれませんが、今は違います。

それぞれ自分の個性を出した服装をとりいれているので、占い師になるからといって、これといった決まりはありません。

電話占いやメール占いやチャット占い専門の占い師いなるなら、そもそも服装は全く見えませんからね。

服装を気にするとすると、対面占いだけでしょう。

個人的には、自分のキャラをブランディングするために、決まった服装を決めて、ブログやSNSの運営もその服装を着た写真やイラストを使うことをおすすめします。

占い師に相談したい人へ

このブログでは、占い師になる方法も解説していますが、あわせて、占い師に相談したい人向けにも役立つ情報を用意しています。

また、占いについて知っていくうちに、最初は趣味から占いを始め、次第に副業で占いをするようになり、最後は本業として占い師になるという人もいます。

ということで、こういう皆さんに喜んでもらえるブログにしたいと思います。

  • 占いって何?という占い初心者さん
  • 占って欲しいと思う人
  • 自分でも趣味で占えるようになりたい人
  • 占いを副業にして稼ぎたい人
  • 占い師として本業で収入を得たい人

占いが好きな私による、占いについてを網羅したブログにまとめていきます。

悩みがある、相談したいことがある、そう思った時に、占い師に相談するのは選択肢の一つです。

心理カウンセラーやコーチに相談する、友達や家族や兄弟に相談する。

いろんな手段があります。

その中で、もし占い師に相談してみたいと思ったら、ぜひ読んで欲しいのがこちらのコーナーです。

なぜかというと、占いサイトや占い師といっても、あまりにも数が多いんです。となると、悪質な占いサイトや危険な占い師も存在します。

何も知らずに、占いにどっぷりつかってしまって、依存体質になってしまう危険性もあります。

まずは占いというものを知ることが大事です。自分の頭の中で考えてみることが大事です。

占って欲しい人が、相性の合う占い師が見つかることを願っています。

占いは当たるのか当たらないのか?

占い師に相談したい人は「当たる占い師に相談したい」という思いがあるかもしれません。

確かに、当たると言われる占い師は人気がありますし、口コミでも評判の良い人はいます。

ただ、「当たるとか当たらない」といった基準で考えるのは、私としてはおすすめしません。

なぜかというと、当たる当たらないの判断はタイミングにもよりますし、結局は自分がどう受け取るかで、当たった当たらなかったが決まることも多いからです。

占いとどう向き合うかの参考に、読んでいただけたらと思います。

占い依存症にならない、やめたい、抜け出したい

占いとの付き合い方はとても重要です。

適度につきあい、アドバイスをもらったりしながら、自分のやる気や前向きな気持ちになれるのはいいですが、度を過ぎて、占い師に相談しないと自分で決めれないことが増えてくると、それは占い依存症かもしれません。

自分はそうならないと思っている人ほど危険かもしれません。

もし、自分自身や周りの人が、占い依存の可能性があると感じたら、いえ、そうなる前に、こういう依存症について知っておくことは大切です。

電話占いをやりすぎたり、スピリチュアル依存かもしれないと思ったら、場合によっては治療も検討したほうがいいでしょう。

占いサイト一覧と選び方

占い師に相談したいと思った時に、オフラインの対面占いに行く事も出来ますが、コロナ渦になって以降、ますます求められているのが、オンラインでの占いです。

このブログでご紹介する占いサイトとは、電話占い、メール占い、チャット占い、オンライン占い(ビデオ通話)による鑑定です。

占いサイトによって、どの方法で占ってくれるかが違います。

まただ、占いサイトによって、鑑定料、通話料、占術、安全性、占い師の所属人数、初回特典などが違い、どれを選べばいいか分からないという声も少なくありません。

そこで、私がおすすめする「占いサイト一覧と選び方」をご紹介します。

占いサイトを選ぶ時に気をつけて欲しいポイントはこちらです。

  • 占いサイトの料金体系(分かりやすいかどうか)
  • 占い師の技術的な質(鑑定結果に満足できそうか)
  • 占いサイトの安全性(実績やプライバシーへの配慮)

あらゆる角度から検証することで、本当におすすめできる占いサイトが見えてくると思います。

信頼できる、安全性が問題ない占いサイトがある一方で、怪しい、嘘っぽいサイトがあるのも確かです。

失敗しないためにも、自分自身の目と耳で確かめながら、自分にあった占い師を見つけることをサポートします。