占い種類一覧から選ぶ│占い師になるには異なる占術を複数持つ

占い種類一覧から選ぶ│占い師になるには異なる占術を複数持つ

占い師になるには、まずはどんな占いがあるのか知る必要がありますよね?

まずは、占術を知ることが大事です。

まだ、2つとか3つしか占術を知らないようでしたら、このページにまとめている「占い種類一覧」を見てください。

この中からどれを選ぶかは、置いておいて、まずは知って下さい。

興味がありそうなのがありましたら、控えておいて下さいね。

今の自分の頭のになる「占いの種類」の中から選ばないほうがいいですよ。

後になって、「やっぱり違う占術が良かった!」と思って後悔することないように、最初にじっくり決めていきましょう。

占い種類は「命占(命術)」「卜占(卜術)」「相占(相術)」

占い種類は大きく3種類に分かれます。

命占(命術)
生年月日、生まれた時刻、出生地など、生まれた時点で決まっているもので占うのが「命占(命術)」です。運気のバイオリズムや運命や運勢の占いに向いています。
卜占(卜術)
「偶然性」を元に占います。質問に対してカードを引き、その出たカードや位置などを元に鑑定します。「はい、いいえ」で答えれるような二択の質問にも答えることができるのが特徴です。
相占(相術)
「相」とはものの形のこと。その形を元に占います。

それぞれ、相談者の悩みによって、相性の良い占術があります。

多くの占い師は、3種類の占術からそれぞれ最低1つずつは使えたります。(個人差はあります。タロットのみという占い師もいます。)

まずはここでは、命、卜、相に、それぞれどういう占いがあるかということを知っていきましょう。

このページは「占い師になるには(VOL2:占術編)」の中の1ページです。後でこのページへお進みいただき、占術編をマスターして下さいね。

占い種類一覧

それでは、3タイプに分けて、占い種類一覧で紹介していきます。

命占(命術)での占い

四柱推命

たくさんの流派が存在し、習得が難しい、時間がかかる占術と言われています。

陰陽五行と干支をもとに導き出しますが、占えるようになるまでに時間がかかるため、挫折しやすいという声も多いんです。

独学ではなく、学校や講座で学ぶ人も多い占術だと思います。

的中率が高い、当たる占いと言われ、知名度も人気も高いので、良い師匠や学校を見つけて、地道に取り組むのもいいでしょう。

なお、四柱とは「年・月・日・時」ですので、生まれた時間を知る必要があります。

紫微斗数

東洋の占星術。

中国の仙人だった陳希夷(ちんきい)が創始したとされる占いの一種です。

香港や台湾では人気の占術となっており、四柱推命と併用して占うこともあるくらいに広く知られています。

紫微斗数では、生年月日、出生場所、出生時刻を元に「命盤」というチャートを作り鑑定します。
四柱推命と比べて、紫微斗数が日本ではよく知られてない理由。それは、命盤を作るためには必ず出生時刻が必要だということです。

四柱推命の場合は、精度は落ちるものの、簡略化をして出生時間なしで鑑定することはできますが、紫微斗数の場合はそうはいきません。出生時刻では命盤を作成する事自体が出来ないんです。

日本人は、出生時間を知っている人のほうが少なくのではないでしょうか。母子手帳などで調べる方法もありますが、それでもどうしても分からないという人もいますので、少し敷居が高い占いと言えるかもしれません。

ただ、西洋占星術より占いやすい側面もありますので、今後、日本でももっと知名度が上がり、人気が出る可能性もあります。

占い師になるには狙い目の占術かもしれませんよ。本も出ていますので、一冊購入してみるのもいいでしょう。

紫微斗数の勉強方法としては独学では難しい部分もありますので、誰かに習うことも含めて検討してみて下さい。

卜占(卜術)での占い

タロット占い(タロットリーディング)

タロット占いは、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナの合計78枚のカードを使って占います。

相談内容に合わせて、ケルト十字などのスプレッドを展開し、鑑定します。

遠い未来の占いには向いておらず、だいたい遠くても半年先くらいまでのことを占います。

恋愛、人間関係、仕事、人の気持ち、アドバイスなど、幅広く占うことができ、習得するまでの時間も早いため特に人気が高い占術です。

ウエイト版という定番の絵柄のカード以外にも、何種類も発売されており、カードの収集を趣味にしている人もいます。

相占(相術)での占い

手相占い

手相は、手の平のシワや肉のつき方により鑑定する占いです。知名度は抜群ですね。

生命線、知能線、感情線といった言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

線の読み方、丘、流年法といったことをまず暗記し、あとはひたすら鑑定経験でしょう。

手相は比較的覚えることが少ない占いとされていますが、だから簡単に習得できるということではありません。

むしろ逆です。少ない情報を元に鑑定し、自分の言葉に乗せて伝えるわけですから、コミュニケーション能力や伝える力を求められる占術といえます。

電話占い、メール占い、チャット占いでは難しいので、対面やオンライン占いで使える占術ですね。