【占い師が集客する方法】売れるか売れないかは宣伝方法が重要

【占い師が集客する方法】売れるか売れないかは宣伝方法が重要

占い師が集客する方法について。

占い師になりたいけど、なれなかった。失敗した。

その要因の一つが「集客の失敗」にある人は珍しくありません。

これは占い師に限ったことではありません。

どんな良い商品を作っても、どんな良いサービスを作っても。

その存在を知ってもらわないことには、存在しないのも同じです。

この記事では、占い師なりたいと思った時の集客方法について解説します。

まずは知識編として、こういう考え方でいきましょうという内容です。

この記事を読んでいただけましたら、引き続き、知識編から読み進めていただけたらと思います。

占い師になる方法をまとめたブログですので、これから占い師になりたい方のお役に立てると思います。

では、本題です。

占い師は占えばいいだではなく集客が必要です

占い師になるには何をすればいいか?

恐らく、まずは「占いが出来るようにならないといけない」と思いますよね。

それは正しいです。

占い師ですから、占いが出来ないといけないわけです。

では、占いが出来るようになったとして、それが趣味ならいいんです。

気が向いた時に、友達や家族を占ってあげたり、大勢が集まる食事会なんかで、占いできるというだけで、ちやほやされたりもするかもしれません。

ところが、プロとして稼げる占い師になるには、「お金を払ってでもあなたに占って欲しい」という人を見つけ、申し込んでいただく必要があります。

つまり、集客が絶対に必要なんです。

ちなみに、占いサイトに所属すれば、集客は占いサイトがしてくれますので、占いだけしていれば収入になるという環境もあります。

ただ、その場合でも、将来的なことを考えると、自分で集客出来るようになっておくに越したことはありません。

まして、占いサイトの所属せずに自力で稼いでいきたいのであれば、集客のスキルは必須です。

独学で占い師になるには、占いのスキルだけでなく集客も学びましょう。

占い師の集客の基本的な考え方

集客とは何でしょうか?

人に集まってもらうことですよね。

では、あなたの元に集まって欲しいのはどんな人でしょうか?

占いをして欲しい人ですよね。

では、占い師の集客とは、「占いをして欲しい人に集まってもらうこと」でいいでしょうか。

それが違うんです。

厳密には、その考え方では売れる占い師になるのは難しくなります。

これは根本的な考え方として知っておいて欲しいのですが、集客はある意味マッチングのようなものです。

  • 占い師:タロット占いで復縁を専門に鑑定する20代女性の占い師
  • 相談者:復縁の相談をしたい20代女性。希望は女性占い師

あくまで一例ですが、こういうことです。

この場合は、恐らく申し込んでくれることでしょう。

ではこの場合はどうでしょうか。

  • 占い師:電話占い限定。恋愛相談の占いが中心。50代女性の占い師
  • 相談者:メール占い希望。仕事の悩みを相談したい

申込むことはないでしょうね。

つまり、「あなたという占い師」がいて、「あ!あなたこそ私が求めてる占い師さん!」と思ってもらえる人に来てもらわないと、申し込んでもらえる可能性はほぼないんです。

集客といっても、「一人でも多くの人に知ってもらいましょう」ということではありません。

「あなたは必要とする人に来てもらいましょう」ということです。

だから、ブランディングが重要になるんです。

あなたは、どんな占い師ですか?

それを決めないことには、発信が出来ません。発信したとしても、誰にも響かないメッセージが飛び交うだけになってしまいかねません。

その決め方については、別のページで解説します。(作成中)

占い師の集客は想像することから

占い師の集客を機械的に考えるのはやめたほうがいいでしょうね。

想像することが大切なんです。

では、人が占い師に求めることはなんでしょうか?

  • 迷っていることへの答えが欲しい
  • 答えは決まっているけど背中を押して欲しい
  • とにかく誰かに相談したい

悩んでいるのは間違いありません。

では、人は悩んだとき、どういう行動をとるでしょうか?

  • 友達や家族に相談する
  • 心理カウンセラーに相談する
  • 一人で悩み続ける
  • ネットや動画に解決策を求める
  • 知恵袋などのQ&Aサイトで相談する
  • 占い師に相談する

色んな方法がありますが、その中から「占い師に相談する」を選んだとしましょう。

もしかしたら、元々占いが好きで、何かあったら占い師に相談する習慣があるのかもしれません。

では、占い師に相談するとして、どう行動するでしょうか?

  • 電話占いサイトから探す
  • ココナラで探す
  • googleやyahooで検索して探す
  • SNSで探す
  • 地元の占い館を探す
  • 知り合いの占い師を当たる

あなたが独立した占い師(占いサイトに属さない)になるなら、次のどちらかの人が対象者になりそうですね。

  • googleやyahooで検索して探す
  • SNSで探す

この2つです。

では、検索サイトやSNSを使ってどうやって探すか?

こうやって想像していくんです。

例えば「復縁で悩んでいる。占って欲しい。無料がいい。」という人がいたとします。

そして、googleで「復縁 占い 無料」といったキーワードで検索して探してる状況としましょう。

この人に、あなたは来てもらいたいですか?

もし、この人が来ても、「無料占い」を求めていそうですから、あなたの有料鑑定とはマッチしないんです。

「占い師の集客は想像することから」というのはそういうことです。

イメージはつきますでしょうか?

占い師を求めてみると集客のことが分かる

悩みがあり、占い師に相談したい。

その時にどういう行動をとるか?

あなたならどうでしょうか?

占い師になりたいと思う人であれば、今までに誰かの占いを受けたことがある人も多いことでしょう。

その時、あなたは、どういう行動で、実際に鑑定まで進みましたか?

  • 何を基準にその占い師を選びましたか?
  • 誰かの紹介で知った占い師ですか?
  • 自分で検索サイトやSNSで調べましたか?
  • その時はどんなキーワードで検索しましたか?
  • 申込みはしやすかったですか?
  • あなたが占い師に求めた素質は何ですか?

紙に書き出してみましょう。

悩みが生まれる(相談者)⇒占い師に申し込む(あなた)

この流れを分析していくんです。

それが集客の原点です。

実際に自分が占い師を求めてみると、どういう行動をとるのか、とったのか、それを知ることは大きなヒントになります。

こういった面倒なことはせずに、「とにかく発信しましょう」とか「とにかくブログを書きましょう」とか言ってると、「集客は増えた、フォロワーは増えた、でも有料鑑定の申込みは全く入らない」という状況が生まれてしまうんです。

私は過去に、これは占い師をする前の話ですが、アクセスは上がったものの、売上げはゼロのブログを作ったことがあります。

同じように、フォロワーがどんどん増えていったけど、売上げはゼロのSNSのアカウントを作ったこともあります。

完全に失敗でした。

「大事なのは、SNSはフォロワーの数じゃない、ブログのアクセス数じゃない」という人もいますが、まさにそれと同じです。

  • 無料占い希望者が1,000人来るブログ
  • 有料でいいのですぐに占って欲しい人が10人来るブログ

集客で目指すのは後者です。

  • あなたが来て欲しい人に来てもらいましょう
  • あなただからこそ満足してもらえる人に来てもらいましょう

そして。

  • あなたのブランディング(見せ方)
  • 対象者を明確にする(ペルソナ)

こういった作業をすることから集客が始まります。

宣伝方法というのは、誰かに教えてもらうこともあると思いますが、大切なのは、自分で物語(悩みから相談まで)を想像することです。

今回は「知識編」とした読み物でしたが、今後ご紹介する「実践編」で、実際に色々と決めていきましょう。

占い師でありコンサルタント、サマーディ水月でした。

このブログでは「占い師になるには」何をすればいいかをまとめています。

まずはブログトップページから順番に読み進めてみて下さい。

きっとヒントが見つかると思いますよ。