占い師になるには資格は必要?国家資格はあるのか?通信で学べる資格のメリットは?

占い師になるには資格は必要?国家資格はあるのか?通信で学べる資格のメリットは?

占い師になるには資格は必要なのか?国家資格はあるのか?

先に結論からです。

占いに関する国家資格はありません。民間資格はありますが、絶対必要でもありません。

では、民間の占いの資格が全く必要ない、意味がない、とは思いません。

占い師になりたい人が、どういう方法で占い師になれるかは、本当に人それぞれです。

独学で勉強する人、スクールや講座で学ぶ人、弟子入りする人。

どれが正解とかはありません。

占い師でありコンサルタントである私、サマーディ水月が考える、占いと資格についてをお話ししていきます。

占い師の国家資格はある?
ありません。占い師に関する国家資格はありませんし、これからも生まれることはないでしょう。

占い師になるために知っておきたいことは、こちらにまとめていますので、後ほどチェックして下さい。

占い師になるには資格は必要ないけどメリットはある

占い師に関する資格としては、国家資格はありませんから、民間資格を取得することになります。

例えば、こういう資格です。

  • 日本占い師協会(JFTA)「タロットカード士資格」
  • 日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)「スピリチュアルタロット士資格」
  • 一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)「四柱推命鑑定士」

その他にも、こういう種類のい資格講座が見つかります。、

  • 風水
  • 数秘術
  • タロットリーディング
  • ホロスコープ
  • 手相
  • 姓名判断
  • 九星気学

費用としては、比較的安いものもありますが、5万~10万円くらいが相場でしょうか。

占い師になるには、資格があってもなくてもなれますが、こういう資格を取得するメリットがあるのも確かです。

占い師になりたいのであれば、あらゆる可能性を否定するのはおすすめできません。

占い師に資格なんて必要ない!

そう言うのは簡単です。

ただ、そこですぐに結論を出さずに、自分の頭で考えてみることが大切です。

実は、私が占い師とコンサルタントをする中で、とても重要だと思うのが、この考える力なんです。

占い師の資格を取得するメリットは何?

ここからは、私なりの「占い師の資格を取得するメリット」を挙げていきます。

ぜひ、占い師になりたいという方は、一度考えてみて下さい。

占い師の資格を取るための勉強が一つの区切りとなる

私は独学でタロット占いを学び占い師になりましたが、私と同じようにタロット占いを独学で学んでる人の中には、ずっと勉強を続けている人がいます。

これは良い意味ではありません。

占いの勉強に終わりはありません。占い師として食べていくには、占いの勉強が終わることはないことでしょう。

ただ、どこかで一区切りをつけて、次は有料の鑑定をしよう、電話占いサイトのオーディションを受けてみようという行動に移りたいところです。

これが独学では、自分で決めることになります。

どこかのタイミングで自信を持てたらいいのですが、それが出来ない人がいるんです。

すると、いつまでたっても有料鑑定を始めることが出来ず、ずっと勉強を続けていくということが起こるんです。

占い師の資格を取るということは、ある一定の勉強量とスキルを身につける必要があります。

そこを一つの目標として、資格取得で一区切りとして、そこから有料鑑定を受け付ける、電話占いサイトへの登録を目指す、という流れも作りやすいというのが、一つ目のメリットです。

占い師の資格をアピール材料の一つにする

これは私の感覚です。

私は占い師になる前に、何件もの占いを受けていましたが、その時に、その占い師が資格を持っているかなんて気にしたことは一度もありません。

それはなぜか?

そもそも占い師に資格があることを知らなかった。

ただ、それだけです。

もしあなたが今、誰かの占いを受けるとして、こういう2人がいたとしたらどちらを選びますか?

  • タロット占い歴7年。資格なし。年間鑑定300件。
  • タロット占い歴5年。資格:タロット○○士。年間鑑定300件。

占い歴に違いはあっても、資格を持ってると、安心感に繋がることはあると思います。

その資格取得がどれだけ難しいとか、簡単だとか、費用がいくらかかるとか関係なく、「持っているということは、何らかの勉強をしたんだ」ということが分かります。

電話占いサイトに所属するなら、資格を持っているかどうかは全く関係ない気がしますが、自分で独立して占いの技術で稼ぐのであれば、何らかの資格を持っておいて損はないと思います。

もちろん、どこの資格がいいかはよく調べる必要がありますけどね。

資格なんて関係ないという人もいれば、資格があるから安心と思う人もいることでしょう。

これは分かりません。分かりませんが、可能性として少しでもメリットになるなら、それはそれで取得の意味はあると思います。

占い師に役立つ資格はある?

では、占いに関する資格ではなく、他の国家資格、民間資格、公的資格などで、占い師になるために役立つ資格はあるでしょうか。

これは色んな意見がありますね。

心理学の資格がいいとか、コミュニケーションについて学ぶのがいいとか、言われていますが、私としては、そういう資格は必要ないかなと思っています。

そもそも、占い師になるには心理学の知識が必要なのでしょうか。

その手の資格を学ぶのであれば、占術のスキルをもっと磨いたり、新しい占術の習得を目指したほうがいいと思います。あくまで私の考えですけどね。

というのも、占いにくる人というのは、何を求めているかを考えてみて下さい。

悩みを抱え、様々な思いを持って占い師の元に来てくれます。

相談者さんが欲しいのは答えです。どっちに進めばいかという、アドバイスや道しるべです。

心理学を学んだり傾聴を学んだりするのはとてもためになることと思いますが、相談者さんが満足していただける鑑定をどうすれば出来るかを考えていくと、占い師以外の取得を取るよりも、学ぶべきことはたくさんあるなと思います。

占い師になるには「自分で考えるクセ」を持ちましょう

占い師になるには、何をすればいいのだろう?

どうやって学べばいいだろう?

それを考えて調べていくと、だんだん混乱してきませんか?

人によって言うことが違うけど、どれが正しいのだろうか?という迷いです。

  • 独学で本で勉強して占い師になったという人がいる
  • 通信講座で学んで占い師になった人がいる
  • 弟子入りして占い師になった人もいる
  • 占いの資格取得から占い師になった人がいる

実はどれも正解なんです。

どの方法でも占い師にはなれるんです。

大切なのは、自分で考えて、どの方法で目指すかを決断することです。

その決断をするには、まず知る必要があります。

「占いに資格?そんなのいらないよ!占い師に弟子入り?自分で学べるよ!」

こんなふうに決め付けてしまうのではなく、まずは知りましょう。

そして考えましょう。

そして決めましょう。

調べた上で「やっぱり占いに資格は必要ないな」という結論に達したのならそれでいいんです。

調べもせず、考えもせず、結論だけを出し続けていくタイプなら、占い師という仕事で食べていくのは難しいかもしれません。

占い師を仕事して続けていくには、柔軟さや考える力が必要だと思います。

どの学び方かによって占い師になるまでの費用は違ってきます。

自分が使える予算を考慮して、最善方法を見つけて前に進まれることを願っております。

以上、占い師でありコンサルタント、サマーディ水月でした。