占い師になるには(VOL5:実践編)│占い師になりたいなら行動あるのみ

占い師になるには(VOL5:実践編)│占い師になりたいなら行動あるのみ

占い師になる方法(実践編)です。

もし、まだ(VOL1~VOL4)をご覧になっていない方は、この後でも先でもいいので、ぜひ読んで下さい。

(この実践編では、1~4で書いたことを前提に書いている部分もあります)

占い師になるための、全体的な流れを書いておきます。

占い師になるための実践編(全体の流れ)

【1日目(決める)】

  • 目標を決める~どんな占い師になる?
  • 占術を決める~タロット占い・四柱推命・数秘術・西洋占星術など
  • 学び方を決める~独学・学校・通信講座・弟子入り
  • 占う方法を決める~対面・電話・メール・チャット・オンライン
  • あなたのプロフィールを決める~名前やターゲットなど
  • 集客方法を決める~ブログ・SNS・Youtube
  • 学ぶことが決まる~占術+(集客・ページ作りなど)

【2日目~(集客を始める/勉強を始める)】

やることが決まりましたので、あとは行動です。

【7日目~(無料鑑定を始める)】

instagramや知恵袋で、無料鑑定を始めましょう。

メール鑑定でしたら、本を片手に鑑定しても大丈夫ですからね。

【30日目~(有料鑑定を始める】

独立占い師でも属する占い師でも、早い段階で有料鑑定の受付を始めましょう。

占いサイトのオーディションには実績が必要です。

その実績を作るためにも、有料鑑定を始めましょう。

*大まかな流れですので、1日にどれくらの時間を費やせるかにもよります。

また、順番が前後したり、途中で別の勉強が必要になることもあります。

【1日目(決める)】目標を決める~どんな占い師になる?

こんな占い師さんになりたい!

そういう憧れ、理想とする占い師像はありますか?

まず最初に、それを明確にする必要があります。

  • 個人で全部やる占い師(対面・オンライン)
  • 街中にある対面の占い館に属する
  • オンラインの電話占い館に属する
  • 定期的に占いイベントに出店する
  • 占い師養成スクールの講師になる
  • 占い師養成講座を開設する
  • 占い師の弟子をとる
  • 副業で?本業を目指す?

占い師として働くにしても、色々な働き方があります。

これを先に明確にする必要があります。

なぜかというと、学ぶべきことが違うからです。

【1日目(決める)】占術を決める~タロット占い・四柱推命・数秘術・西洋占星術など

占いと言っても、本当にたくさんの占術があります。

すでに、この占術でいきたいというのがあれば、それがいいと思います。

自分が思い入れがあるとか、ぜひこの占術を使い方という思いは大切ですからね。

ただ、もし、今の時点で、どの占術を使うかが全く決まっていないのであれば、私は「タロット占い」をおすすめします。

人気があり、学びやすく、習得が早い。

タロット占いは「卜術」ですので、どこかのタイミングで「命術」である、四柱推命や西洋占星術や数秘術なども学ぶこともおすすめですが、まず最初に学ぶなら。

やはり「タロット占い」です。

【1日目(決める)】学び方を決める~独学・学校・通信講座・弟子入り

独学でも占い師にはなれます。

ただ、スピードで言うと、やはり学校、通信講座、弟子入りしたほうが早いはずです。

「はず」というのは、こればかりは、誰から学ぶかによって違ってくるからです。

以前に学ぶ方法についてはブログでも書きましたので、過去記事をご覧下さい。

【1日目(決める)】占う方法を決める~対面・電話・メール・チャット・オンライン

占う方法を決めましょう。

あらためて、それぞれがどういう方法かをまとめておきます。

  • 対面占い 占い館、カフェ、イベントなどで顔をあわせての鑑定です
  • 電話占い 電話といってもLINE通話ですれば通話料は無料です
  • メール占い メールで文章にして鑑定結果をお渡しします
  • チャット占い 時間や文字数によって課金します
  • オンライン占い ZOOMなどでオンラインのビデオチャット通話で鑑定します

恐らく最初は、電話占いとメール占いが中心になると思います。

【1日目(決める)】あなたのプロフィールを決める~名前やターゲットなど

あなたの占い師としてのスタイルが決まってきました。

次は「あなたとう占い師」を確立させていきましょう。

  • 占い師の名前
  • 鑑定対象者
  • 自己紹介
  • イメージ写真(画像)

本名で占い師として活動するのか、占い師用の名前で活動するのか。

鑑定対象者とは、「誰でも占いますよ」というより、もっと対象者を絞ったほうがいいです。特に最初は。

恋愛専門、夫婦関係専門、仕事関係専門という括りでもいいですし、恋愛の中でも不倫、復縁、片想い、三角関係、相手の気持ち、既婚者との恋など、もっと限定するのもいいでしょう。

これらを踏まえて、「私はこういう方向けの占いをしています。こういう占術を使います。」といったプロフィールをまずは決めましょう。後で変更しても構いません。

このプロフィールを元に、後ほど集客に使うSNSなどでも自己紹介文を書いていくことになります。

最後にイメージ写真(画像)です。

自分の写真を使う人もいますし、自分に似たイラスト、全く自分とは関係ないイラストなどを使う人もいます。

いずれにしても、これからブログ、SNSなど含め、プロフィール画像を登録する箇所が出てきますので、きちんと決めておきましょう。

【1日目(決める)】集客方法を決める~ブログ・SNS・Youtube

あなたが占い師であることを、占いをして欲しい人に知っていただく必要があります。

それが出来ない限りは、仕事として成立しません。

占いサイトに所属するとしましょう。

その占いサイトがまずは、その「占いサイト」に集客できるようにアフィリエイトなりPPC広告なりで頑張ってくれます。

大手の電話占いサイトが1日に何人くらい集客しているかは分かりませんが、相当な人数でしょう。

そして、その来訪者は、自分が求めている占い師を探し、見つかったら申し込む、という流れですね。

占いサイトに所属する場合は、ブログやSNSで発信しなくても大丈夫といえば大丈夫なんですが、やはり最初のうちは、無料鑑定を受け付けて経験を積みたいところですし、後々、独自で受け付けたいと思った時のためにも、発信は始めたほうがいいでしょう。

最初から独立した占い師を目指す場合なら尚更です。

集客できなければ、独立した占い師になることは不可能ですからね。