占い師になるには(VOL1:知識編)│占い師になりたいなら知っておくこと

占い師になるには(VOL1:知識編)│占い師になりたいなら知っておくこと

占い師になるには何からすればいい?

まずはこのページに書かれていることを、頭に入れておいて下さい。

もしかしたら、他の占い師やコンサルタントは、ここに書かれていることと違うことを言うかもしまれません。

それは当然です。

占い師になる方法は、一つではないからです。

占い師になるための考え方も、一つではないからです。

占い師になる人は、多くの人の意見を聞きすぎずに、ひたすら試行錯誤できる人です。

色んな占い師の話を聞きすぎて、結局は、どう行動していいか分からない状況が続くのだけは避けたほうがいいでしょうね。

ここでは、占い師になるための考え方をお伝えします。

現役に占い師でありコンサルタントである私の考えです。

ここでは、概要をお伝えし、細かいことは、リンク先のページにまとめています。

ではスタートです。

占い師になるための総合トップページは↓こちらです。

まだ↓のページをご覧になっていない方は、こちらのページ「占い師になるにはまずこちら」を全部お読みいただきましたら、トップページへお進み下さい。

占い師になるには?独学でもなれる?

独学とは。

ここでは、誰かに教えてもらう、教えてもらう学校に通うことをせずに、自分で学ぶことを独学ということにします。

本や動画で学ぶのも独学としましょう。

では、「占い師になるには独学でもなれる?」となると、答えは「はい、なれます」となります。

私自身がそうです。

誰かに弟子入りしたり、講座を受けたり、学校に行ったりはしていません。

最初は、本を何冊か購入して、あとはネットの情報で学びました。

その後は、SNSで無料鑑定をして実践での経験を積み、早い段階から有料鑑定の受付を始めました。

決して、「独学がおすすめ」ということではありません。

誰かに教えてもらうほうが早く、占いスキルを身につけることができるでしょう。

「独立占い師」と「占いサイトや占い館に属する占い師」メリットとデメリット

占い師には大きくわけて2つの働き方があります。

  • 独立占い師
  • 属する占い師

それぞれに、メリットとデメリットがありますので、どちらが絶対良いということではありません。

人によっては、占いサイトや占い館に属しながらも、自分で鑑定を受け付けている人もいます。

まずは、こういう働き方のスタイルがあるんだなということを知っておきましょう。

占い師に向いてる人の特徴7選と占い師に向かない人

占い師に向いてる人、占い師に向かない人。

やはりいると思います。

  • 占いがとことん好きな人
  • 聞き上手
  • 伝えるのが上手い人
  • コツコツ勉強できる人
  • 経験を大切にする人
  • 自分のメンタルケアが出来る人
  • コミュニケーション力が高い人

こういう人は、占い師に向いてる人と思います。

ただ、大切なのは、こういう特徴や素質を知ることではありません。

もし、現時点では向いていない人だとしても、自分の努力でいくらでも変われます。

占い師になりたいのであれば、自分なりに占い師に向いてる人を分析し、自分がそこに近づけるように努力すればいいだけです。

稼げる占い師になる方法は稼ぐ力をつけること

趣味ではなくプロの占い師になるには、稼ぐ力は必須です。

お金の話なんてと思うかも知れませんが、鑑定の対価としてお金をいただくのは当然です。

もちろん、法外な料金を設定するのはどうかと思いますが、双方納得のいく鑑定と料金であればそれでいいんです。

占い師になるには、占い師としてのスキルがあるのは当然です。

タロット占い師であれば、タロットカードを使ってご相談内容について鑑定する。

四柱推命の占い師であれば、四柱推命を使って鑑定する。

それが出来るのは当然ですが、それ以外に稼ぐ力が必要だということです。

占いの技術はどんどん向上していっても、稼ぐ力がなくて、プロの占い師を続けることが出来ない人はいくらでもいます。

そもそも、「稼げる占い師になる」ということは簡単なことではないんです。

もし、そんなに簡単に「稼げる占い師になる方法」があるなら、あなた以外の人も簡単にその方法を実践できるわけです。

まずはそれを受け入れること、そして圧倒的な努力をすることが大切です。

占い師になる費用は?独学か学校か通信講座で料金は変わる

占い師になりたい。けど、高額な費用は出せない。

では、実際のところ、占い師になるためにどれくらいの費用がかかるのか?

これは、独学か学校か通信講座で学ぶかによって、桁違いに変わってきます。

  • 独学で学ぶなら数千円
  • 占い学校/通信講座で学ぶなら数万円~数十万円

学ぶスピード、占い師いなれるまでのスピードでいうと、やはりお金をかけて学んだほうが早いです。

ただ、そこで一つ問題があります。

独学で占い師になる、そして、独立した占い師になる場合を想定してみます。

その時に、占いの技術(タロット占いや四柱推命や数秘術など)をお金を出して学びました、そして上達しました。

ところが、占いサイトにも占い館に属さない独立占い師いなるには、自力で集客もしないといけません。

つまり、大事なのは、「最初の設計」なんです。

それを決めずに、とりあえずで占いを学び始めてしまうと、後で後悔することもあるので、注意しましょう。

占い師になるには弟子入り必要?

インターネットがなかった頃。

占い師になるには、誰かの弟子入りすることもよくあったそうです。

弟子入りというと大袈裟ですが、友達や知り合いの占い師に、「占い師になる方法から、鑑定方法まで」、色々とご指導いただくことで、占い師になるという関係ですね。

今でも弟子入りして占い師になる人はいると思いますが、無理して探す必要はないと思います。

もし、教えて下さいとお願いできる占い師がいるなら声をかけてみるのもいいでしょう。

すでに、占い師として稼いでる人も元で学べるなら、それに越したことはないと思います。

占い師になるには心理学はいる?

占い師になるために心理学を学ぶ必要はないと思います。

すでに、心理学の知識があるなら別にいいと思いますが、占い師になるために心理学を学ぶのはおすすめしません。

他に学ぶことが山ほどあるからです。

もしあなたが最初にタロット占いを学んでるとしましょう。

ある程度鑑定が出来るようになってきて、そこから心理学を学ぶくらいなら、別の占術(例えば四柱推命など)を学び始めるほうが、占い師としての各は上がることでしょう。

  • タロット占い×心理学
  • タロット占い×四柱推命

こういう2人がいたとして、あなたはどちらに占って欲しいですか?

占いをして欲しいという人を想像して下さい。

その人は、占い師であるあなたに「心理学の知識」を求めているでしょうか?

あったらあったでいいと思うかもしれませんが、それよりも占いとしてのスキルや経験を求めるのではないでしょうか。

決して心理学の知識は必要ないということではありません。

限られた時間で学ぶことも多いわけですから、優先順位を決めましょう。

占い師になるには素質はいる?

素質というと、生まれ持った能力という意味でもありますが、ここでは、今持っている能力や性格として書いています。

どういう素質が必要かというと、私は「軸を持つ能力」だと思っています。

自分の占いの鑑定スタイルへの自信とも言えます。

これは性格的なものもあると思いますので、もし、ぶれやすいタイプでしたら、修正することをおすすめします。

霊感を持っているといった素質があると有利な面もありますが、別になくても占い師にはなれます。

それより大事なことはたくさんあります。

自分の占いに自信を持つためには、それだけの努力も必要です。そういった努力が出来るかどうかも、素質として大事なところです。

占い師が集客する基本の考え方

占い師は占いが出来るにようになるだけでは、稼ぐことは出来ません。

あなたに占いって欲しいと思う人に、来てもらわないと売上げにはならないんです。

占いサイトに登録するのであれば、そこが集客してくれますから大丈夫です。

でも、できればその場合でも、自力で集客できるようになっておいたほうが、いざ独立したいと思った時に強いです。

その占いサイトも、いつ閉鎖されるかなんて分からないですからね。

まして、占いサイトに属さないなら尚更集客が必須になってきます。

では占い師はどうやって集客すればいいか。

SNSやブログやYotubeなどを使いますが、その前に、もっと基本的なことを知りましょう。

占い師になるには資格は必要?国家資格はあるのか?

占い師に関する国家資格はありません。

民間の資格で、タロット占いや四柱推命やその他の占術に関する資格はあります。

では、占い師になるには、資格は取ったほうがいいのでしょうか、通信講座ででも資格の勉強のために受けたおいたほうがいいのでしょうか。

これは一概には言えません。

資格がなくても占い師にはなれますが、では、全く意味のないものかというと、私はそうは思いません。

独学で占い師になる人、通信講座をうける人、弟子入りする人、そして資格を受けることから始める人。

どれも間違いではありません。大切なのは、選択肢について知り尽くし、自分で考え、自分で結論を出すということです。

「占い師に資格なんて必要ない!」というのは簡単です。

結果的にはそうかもしれませんが、遠回りかもしれませんが、自分で調べ考えることを避けないほうがいいでしょう。

これから占い師として独立していくのであれば、尚更です。

占い師になるには年齢は関係ある?

占い師になるのに年齢は関係ありません。

10代でも20代でも30代でも40代でも50代でも60代でも。もっと上の年代でも、占い師になることは可能です。

もちろん、収入、稼げる額に違いが出てくるかもしれませんが、年齢よってなれないとは言えません。

直接、占い師になれるかなれないかには関係ありませんが、年齢が占いに影響を与えることはありえます。

年齢や経験に応じて、自分はどういう占い師になりたいのか、なれそうなのか、そういったことをイメージすることも大切だと思います。

相談する側からしても、若者に占って欲しい、経験豊富な年配の人に占って欲しいというのもあるかもしれません。

女性の占い師がいい、男性の占い師がいい。いろんな思いがあると思います。

占い師になるには、自分はどういう占い師で、どういう人を対象にしてるのかを決めておくのもいいでしょう。

そして、その対象となる方に届くように、ブログやSNSやYoutubeで発信することをおすすめします。