占いの種類の選び方│占い師になる時の占術選びの参考に一覧で

占い師になるには、知っておきべき「占いの種類」のこと。

  • 固有の情報から占う「命術」
  • 偶然性から占い「卜術」
  • 形や状態から占い「相術」

このように、占いの種類は大きく3つに分かれます。

さらに、命術には「四柱推命や算命額や西洋占星術」など。卜術には「タロット占いやオラクルカードやルーン占い」など。相術には「風水や手相や人相学」など。

どういった占いがあり、どれくらいの人気があるのかをまずは知りましょう。

まずは、こちらの「占術編」まとめページから読み進めて下さい。

もし、まだ「VOL1」を読まれていない方は、先にそちらから読んでいただいたほうが、理解が深まります。