占い依存をやめたい時に読んで欲しい私の経験「否定する占い師」

占い依存をやめたい時に読んで欲しい私の経験「否定する占い師」

占い依存をやめたいと思った時に読んで欲しい、私の体験談を書いておきます。

占いをやめたいけどやめれないのは、支えが「占いしかない状態」だったり、まだ「占いに何かを期待してる状態」とも言えます。

それはとても危険です。

占いすべてを否定するものではありませんが、気を付けないと、とんでもない占い師に当たってしまい、一生、自分の心の傷にやストレスになり続けることがあるというお話です。

占い依存に陥ってしまう理由

占い依存に陥ってしまう理由

占い依存に陥ってしまう理由

そもそも占いをするのはなぜでしょうか?

恋愛の場合で考えてみましょう。

  • 誰にも相談出来る人がいない
  • 自分一人ではかかえきれない悩みがある
  • 占い師なら自分の悩みを解決してくれそう
  • 占い師なら相手の気持ちを教えてくれそう

こういったことが挙げられそうですね。

誰にも相談出来る人がいない

占い依存に多いのが、誰にも相談出来る人がいない場合です。

恋愛の場合でしたら、特に多いのが不倫の悩みですが、不倫の悩みを誰かに相談するというのは、そう簡単ではありません。

もし友達な職場の人に、誰かと不倫していることを話して、それが配偶者や現在の恋人にばれたらどうなるでしょうか。

ところが占い師ならその心配はいりません。

本名や住所や連絡先といった個人情報を占い師に伝える必要がないからです。

不倫や略奪愛や三角関係といった、複雑な恋愛については、相談できるのが「占い師しかいない」と思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。

私も元占い師ですが、やはり、不倫関係のご相談が多くありました。

自分一人ではかかえきれない悩みがある

悩みをかかえると、何も手につかなくなったりもします。

そして、その悩みを抱えきれなくなると、病んできたりします。

その時に出来ること。

それが占い師に相談すること。スピリチュアルカウンセラーに相談すること。だったりします。

誰かと悩みを共有できたら、気持ちが楽になることはありますからね。

占い師なら自分の悩みを解決してくれそう

占い師に対して何を期待しているか。

もしかしたら、占い師なら今の恋の悩みを解消してくれるのではないか、と考えているのかもしれません。

実際に、占い師に相談して、何らかの悩みを解決できた人もいることでしょう。

しかし、それは本人が何らかのアクションを起こしたからです。

「彼は私のことをどう思っているでしょうか。」

という質問を占い師にして、

「彼もあなたのことを好きですよ。」

と言われたとしましょう。

それで悩みは解決でしょうか。

違いますよね。

だって、あなたの望みは「彼とつきあうこと、恋人になること」だからです。

占い師が、彼の気持ちを言ったところで、何も変わりません。

自分からアクションしないと何も変わらないんです。

占い師が悩みを解決してくれるのではありません。

あなたが、考えや行動を変えないと何も変わらないんですが、それを理解していない人もいます。

占い師なら相手の気持ちを教えてくれそう

占い師なら、相手の気持ちを全部分かっている、教えてくれる。

そんなはずありません。

相手の気持ちを完全に理解できる占い師はいません。

こちらのページでも書きましたが、人に気持ちは揺れ動いているんです。

その揺れ動く気持ちをどうやって、断言できるのでしょうか。

そういったことをまず知って欲しいんです。

占い依存が危険な理由「ストレスをかけ続ける」

占い依存が危険な理由「ストレスをかけ続ける」

占い依存が危険な理由「ストレスをかけ続ける」

占い依存に陥ってしまう理由を挙げましたが、ここからは、元占い師である私が「占い依存をやめたい」と思っている人に、私の経験談をお話します。

占いの怖いところは、占い師の言葉が自分の頭に残り続け、ストレスになり続ける可能性があるということです。

では、私の体験談です。

否定する占い師の恐怖

私は元占い師ではありますが、占いの鑑定やスピリチュアルの鑑定を受けたこともあります。

その時に浴びた言葉の一部を今でも覚えています。

そして、その言葉を思い出すとストレスを感じます。

一言で言うと「占い師が私のことを否定した言葉」です。

占い師Aの話。

これは直接私が占いをしてもらったのではなく、私の夢を知っている知り合いが、その占い師Aの鑑定を受ける時に、私の夢についても相談してくれたんです。(別にお願いしたわけじゃなく、勝手に相談したんです。)

夢の内容としては、将来、レストランを開きたいというものです。

それを聞いた占い師はこういいました。

「無理ですね。お客さんが入っているイメージが全く湧きません。」

と言ったそうなんです。

私はそれを聞いて、悲しい気持ちと腹立たしい気持ちと、色々な気持ちが入り混じりました。

  • 占い師は未来が見えるのか?
  • 私がそれを聞いてどう思うのか占い師には分からないのか?
  • 何を根拠にそんな占いをするんだ?

結局は、飲食店はしませんでしたが、今でもその時の感情を思い出すことが出来ます。

私の夢を一瞬にして否定したんです。

その根拠は占いではありません、自分の経験や予想です。

占いの鑑定結果で、どういうネガティブな内容が出たとしても、どう伝えるかは占い師次第です。

その占い師が今でもいるのかは分かりません。

もう一人紹介します。

占い師Bです。

とにかく偉そうで、上から話をしてくる占い師でした。

知り合いに「評判がいい占い師がいるから一緒にいこう」と誘われて、対面占いで鑑定を受けました。

開始早々、鑑定の前に、ある質問を受けました

そして、私がなかなか質問に答えることが出来ないでいると、こういったんです。

「これを答えれないようでしたら、あなたの仕事は無理よ。」

何でしょうか、それは占いでしょうか。

いえ、占いではありません。

コンサルやコーチにでもなったつもりなのでしょうか。

カードは1枚も引いていないんです。

もちろん、占い師にもいろんなスタイルの鑑定があるのは当然です。

しかし、その占い師Bは終始、そのような感じで、占い師というより、上からのアドバイスを続けたんです。

「仕事で稼ぎたいんならこうしなさい」、「お金欲しいんでしょ」

といったお金儲けの助言ばかりしてくるんですが、そんなことを私は聞いていないんです。

60分間、ずっとそのような調子で、アドバイスを続けてきました。

その中に、私に対する否定が何度も入ってきたんです。

占い依存の恐怖というのは、この「否定」なんです。

占い師からの否定が自己肯定感を下げる

占い師からの否定が自己肯定感を下げる

占い師からの否定が自己肯定感を下げる

私が知っている占い師には、平気で依頼者を否定する人がいます。

その言葉の重さ、怖さを知らないんです。

言葉で人を傷つけてしまうこと、言葉で人を病ませてしまうことがあること。

それを知らないんです。

もちろん、辛口の診断、鑑定と謳っている占い師もいますが、私はおすすめしません。

下手したら、一生の心の傷になる可能性もあるんです。

もし、あなたが、こういう占いの鑑定を受けたらどうしますか?

  • あなたは恋愛に向いていません
  • あなたは結婚に向いていません
  • あなたに仕事は上手くいきません
  • 今のままだと失敗します
  • これから3年間、運勢は悪いです

人によっては、「良い結果だけを信じて、悪い結果はスルーしよう」と思うかもしれませんが、それが出来るかどうかが怪しいんです。

ネガティブな言葉、悪い言葉、否定的な言葉のほうが、頭に残ることもあります。

ここでは書いていませんが、もっと酷い言葉を言われて、完全にスルーできますか?

占い依存症の末路として怖いのが、「自分を傷つける言葉を浴び続ける」というものがあります。

自己肯定感を下げる要因になりえます。

今回は、私の体験談を元に、占い依存症の怖さを書きました。

もしかしたら、「そんな占い師ばかりじゃない!」という意見もあるかもしれません。

そりゃそうですよ。

否定的なことを言わない占い師もいることでしょう。

ではどうやってその占い師に辿り着くんでしょうか。

この記事に辿り着いたということは、そういう占い師には出会えていないからではないでしょうか。

次に占ってもらうのが、本当に良い占い師かどうかなんて分かりません。

さらに怖いのが「この占い師はあんまりだったな、次の占い師を探そう」といって、占いジプシーになってしまうことです。

占い依存症であり、占いジプシーになってしまうと、金銭的にも心にも余裕がなくなったりします。

占い依存症チェック方法を載せていますの、一度チェックしてみて下さい。

早いうちに克服のための行動に移すことをおすすめします。

何度もいいますが、私としては、占いやスピリチュアルを否定する気はありません。

ただ、占い師によって傷ついた経験があります。

本当に怖いんです。

占いを遊びでするにはいいかもしれませんが、のめり込みすぎると、人生に影響を与えてきますからね。

もし、一人で抜け出すのが難しそうな場合は、占い依存症克服カウンセリングを受けてみて下さい。

以上です。