ツインレイに会いたい衝動どうする?会いたくてたまらない時は?

ツインレイに会いたい衝動どうする?会いたくてたまらない時は?

ツインレイと出会い、統合に向けて進み始めたとき。

どんな気持ちでしょうか。

ワクワクする気持ち、ドキドキする気持ち。

色々あると思いますが、ツインレイのことを知っている女性、男性であれば、少し不安も生まれることと思います。

その理由は「サイレント期間」にあります。

サイレント期間は、連絡を取らなくなり会わなくなる試練の期間です。

今日のテーマ。

「ツインレイに会いたい衝動どうする?サイレント期間に会いたくてたまらない時は?」

この記事で話すこと。

  • ツインレイに会いたくても連絡しない!執着を手放す
  • ツインレイと会いたくてたまらない衝動は何で埋める?
  • ツインレイではない可能性はどう確認する?

ツインレイを詳しく知りたい方は最後まで読んで下さい。

ツインレイに会いたくてたまらない「会いたい衝動」

ツインレイに会いたくてたまらない「会いたい衝動」

ツインレイに会いたくてたまらない「会いたい衝動」

ツインレイが相手でもソウフルメイトが相手でも。

どちらでもなくても。

会いたいと思った人に会えないのは、辛く寂しいものですよね。

特にツインレイの場合は、サイレント期間は執着や依存を手放す試練。

それは分かっていても、会いたくてたまらない、会いたい衝動に駆られる。

どうでればいいでしょうか?

ツインレイに会いたくても連絡しない!執着を手放す

結論から言いますと、サイレント期間においては、会いたくても会わない、連絡したくても連絡しない。

それが答えです。

サイレント期間は、逃げるランナーと追いかけるチェイサーとして、それぞれが成長する必要があります。

男性がランナー、女性がチェイサーのことが多いため、ここではその前提で話を進めます。

ランナーは、「このまま付き合っていいのか、釣り合っているのか」といった不安や疑問を感じるようになり、次第に距離を取ろうとしていきます。

そしてサイレント期間が始まります。

チェイサーは、運命の相手であるランナーを追いかけたくなります。

この記事で「ツインレイに会いたい衝動どうする?サイレント期間に会いたくてたまらない時は?」というテーマにしたのは、このランナーである女性が、会いたくなる状況のことを指しています。

ツインレイと出会い、叶うなら一緒にいたいという思いもあるかもしれませんが、サイレント期間という試練があることも分かっている。

でも、やっぱり会いたい。

それでも、連絡しないのが正解です。

執着を手放さないといけないからです。

下手に連絡をしたりすると、余計にサイレント期間が長くなるとも言われています。

ツインレイと会いたくてたまらない衝動は何で埋める?

執着を手放すということは、物理的に会わないこともそうですが、メンタルとしても、「会いたい」という気持ちを手放すことが大切です。

つまり、今は会う時期ではない、自分と向き合う時期だと、受け入れることです。

もちろん、簡単ではありませんが、それを乗り越える必要があります。

では「会いたいけど会えない」として、どう考え、何をすればいいか。

「会いたい」と思っている時点で執着しているわけです。

ですので、「会いたい」とも思わないように、自分の成長に目を向けるのです。

意識の向け先を変えるのです。

何かを学ぶのもいいでしょう。

成長といっても正解はありません。

本を読むこともいいでしょう、友達の話をじっくり聞いてあがるのもいいでしょう、家族との時間を大切にするのもいいでしょう。

次にツインレイ男性と再会できた時に、自信を持って会えるように、とことん自分磨きの時間を作ってみましょう。

ツインレイではない可能性はどう確認する?

ツインレイに会いたい。

サイレント期間にそう思っていたとして、あまりにも期間が長くなってくると、ふと疑問が浮かぶかもしれません。

「今の彼は本当にツインレイなのだろうか?」という疑問です。

もし、占い師やツインレイ鑑定士に相談して、みてもらって、そう診断されたのでしたら、そうかもしれませんが、自分で確認方法を考慮しながら、「きっとこの人がツインレイだ」と思っているなら、違う可能性もありえます。

その場合は、再度ツインレイの確認方法を調べながらチェックするか、鑑定士に診断してもらうのもいいでしょう。

ツインレイに会いたくてたまらない時 まとめ

ツインレイに会いたくてたまらない時 まとめ

ツインレイに会いたくてたまらない時 まとめ

まとめます。

ツインレイに会いたくてたまらない時でも、サイレント期間であれば、会わないほうがいいでしょう。

なぜなら、ランナーとチェイサーという存在に分かれて苦悩を味わいながら成長する時期だからです。

とはいえ、今のその彼がツインレイでない可能性も否定できませんので、もしツインレイ鑑定士にみてもらっていないなら、相談してみるのもいいでしょう。

ツインレイサイレント期間はとことん成長を目指しましょう

最後に。

ツインレイのサイレント期間が終わると、あとは、手放し(浄化)、目覚め(覚醒)、統合・調和(再会)へ進みます。

考えてみると、ツインレイは魂の片割れなんですから、もっと簡単にスムーズに結ばれてくれてもいいのにと思うかもしれません。

ただ、考え方を変えると、逆に、そのくらいの試練を乗り越えないと統合にはたどり着けないからこそ、大切な期間なんだとも言えます。

サイレント期間には、執着を手放すことが大切だと言いました。

自分を磨くというと、何をすればいいか分からないようでしたら、とことん、人間について研究してみるのもいいでしょう。

人間の研究といっても、心理学とかそういう難しいことでなくても構いません。

例えば「人が集まる人、人格者」とはどういう人だろうと調べてみることです。

人格者って愚痴とか他人の悪口ばかりは言わないでしょう。

口を開けば文句ばかりな人と、感謝の言葉ばかりを口にする人、あなたはどちらになりたいですか?

どちらの人に惹かれますか?

そうやって、ツインレイのことは一旦頭から話して、人というものに向き合ってみるのもいいでしょう。

もし、その彼がツインレイでなかったとしても、もし、統合までいけなかったとしても、自分の成長のために努力をしている時間は、決して無駄にはなりませんよ。

ツインレイは、似た者同士のこともあれば、全く違う特徴を持っていたりもします。

身長差がある、目が似ている、手が似てる、目立った違いがあることもないことも。

そう考えていくと、やっぱり出会う人の特徴だけでは分からない部分もあります。

ですので、霊視、霊感が使える占い師、スピリチュアルカウンセラー、ツインレイ鑑定士などに診断してもらいたいとも思うことでしょう。

そこで、気を付けたいのが、依存症になることです。

ツインレイの相手が分かったとしても、「あの人の気持ちをもっと知りたい」と思うようになると、ついつい鑑定の依頼の回数が増えてしまうこともあります。

占い依存症の末路については、だいたい予測もつくと思いますが、いざ、自分がそうなっていくと、我を忘れてしまうこともありえます。

考えだすときりがありません。

思いだして下さい。サイレント期間は執着を手放すことが大切だと言いました。

執着するということは、考え続けるということです。

ツインレイと出会う前兆は?ツインレイはなぜ出会うのか、結ばれる前兆は?出会う確率は?

ツインレイと出会うとどうなるのか。

深く考えすぎてしまうと、いくら時間があっても足りません。

自分の成長のため、自分磨きのための時間もなくなってしまいます。

何かに依存しすぎることなく、自分に依存すること、つまり自立することが大切なことを忘れないでおきましょう。

以上です。

ツインレイや占いやスピについて書いている「占いとスピリチュアルコラムはこちら」です。